2018年10月24日水曜日

【双極性障害】私が職場復帰訓練(リワークプログラム)開始前に不安だったこと。【幼稚園教諭】

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
職場復帰訓練(リワークプログラム)の
計画を立てるにあたって
私には不安なことがいくつかあった。

一つ目が座席。

はい?!
と疑問に思われるかもしれないが、
現在の職場に私の席はない。

私が使っていた机はあるのだが、
今、代わりに入ってくれた先生が使用している。

公立の幼稚園(学校もそうかもしれないが)の職員室に余裕はない。
もちろん予備の職員用の机はないし、急に買うことはできない。

保護者の方からみると誰も使っていないように見える机も
実は個人情報を扱う所定の位置に指定されていたり、
さまざまな活動のために定期的に来られる
講師の先生の机だったりする。

だから、今回のように
私が完全に職員として復帰していない立場で
職員室に居続けるとなると、
それだけで居場所を作らねばならない。

しかも復帰訓練当初は子どもたちとの活動ではなく
職員室での事務作業が中心。

居場所が確保されていないのはつらい。

なので、計画を立てる段階で強く強くお願いをしてきた。
どうか、訓練中にいてもよい場所だけは確保をお願いしますと。

休んでおいて、迷惑をかけておいて、
これから迷惑をかける身分で申し訳ないが、
お願いをしてきた。


さらにやることがないと、つらい。
私はつらい。
始めは職員室でボーっとしてればいいと言われた。
できるか・・・考えたができない。
普段から仕事中に休憩という概念がない私が、
忙しく走り回っている職員の姿を眺めながら
席でボーっと過ごすことなどできない。

何か作業をしていれば
これをやっているので席にいますと
正当性をアピールできる。

つまり、結局人の視線が気になるのだ。

何にも変わってない。

いい恰好がしたいだけ。

悪く思われたくないだけ。

一回奈落に落とされたい。
でも自分では落ちることができない弱虫。


この間も、お給料は8割もらっている。
なのに、復帰訓練の交通費が出ないので
休職中より手取りが減るため、
ちまちまと損得勘定をしている。

私は本当にくそ野郎だと思う。

でも、きっと初日は静かに笑顔で
職員に深々と頭を下げて回るのだろう。

それを見ている人々はどう思うのか。
厄介者が来た。
そう思うんだろうな。

そう思ってくれたほうが、楽かもしれない。

だって、本当に厄介者だから。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の記事

双極性障害と睡眠時間と私の気持ち