2018年9月29日土曜日

【双極性障害】会ってはいけない彼との出会い【幼稚園教諭】

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加

退院しても落ち着きどころのなかった私は、
ティップネスというジムに通い始めた。

駅前の比較的大きなジムで
たぶんたくさんの人が通っている。

私は休職中の身である。
しかも職業が幼稚園教諭。
精神疾患で休んでいることも多分ばれている。

なので絶対に保護者や関係者には会いたくない。

そんなことを最優先にしたら
答えとして駅前のマンモスジムに通うことになった。

人が多ければ、目立たないはず。
広めのジムなら鉢合わせしても
身をひそめる場所があるはず。

休職中は本当に肩身が狭い。
世の中に迷惑をかけているのはわかるけど、
忍者生活は時々高血圧で死ぬんじゃないかと思うほど
体にストレスがかかる。

それでも、ジムで行われるピラティスやヨガ、
調子のよい時はヒップホップダンスまで
汗を流せるのは幸せだった。

しかもアフタヌーン会員なので、
安い。
おじちゃま、おばちゃまばかりで、
緊張感はあまりない。
家にいるよりはよっぽどいい。

音楽を聴きながら
エアロバイクを漕いで
窓の外の景色を眺めていた私。


突然、肩をたたかれた。

Σ(・□・;)

焦る。

瞬時に予想する。

誰だ。

スタッフか?!

二度も肩をたたかれる。

しつこい。

ゆっくり無表情で振り返る。

男・・・

知らない。

誰??

記憶をたどる。

出てこない。

もっと記憶をたどる。

懐かしい感じはする。

この空気感は知っている。

名前は出ない。


相手がしゃべる。

「〇〇でしょ!」

初対面でいきなり苗字を呼び捨てで呼ぶやつはいない。

思い出す。

そう、あいつ。
小学校の同級生。

4年ぶり。
成人式以来。

完全に油断していた。
あってはいけない地元民。

なんで、こんな時間にいるんだと言おうとしたが、
おまえもな
と返されそうで黙り込む。

その日は金曜日。

このジムに通っているのは確か。

毎日いるのか。
今日たまたまか。

挨拶だけして帰った男。

挨拶中もペダルをこぎ続けた私。
ペダルをこいで動揺を隠した私。

来週はジムに通えるのか
不安になった金曜日。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の記事

【嫌い】仮面女子【幼稚園教諭】