2018年8月6日月曜日

【幼稚園教諭】公立幼稚園教諭の休職中のお給料【双極性障害】

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加

休職して1か月が過ぎたころ
幼稚園の事務担当者から封筒が届いた。

例のごとく、恐る恐る封を開ける。
中身が何かわからないから怖い。
自分に不利益なことが起こることしか考えられない。

中身は給与明細と事務担当者からの手紙だった。

私は公立幼稚園の先生をしている。
いわゆる身分は教育公務員。
世の中からすると
「将来安泰ね」
とよく言われる職業身分だ。

今はとてもそんな感じではないけれど・・・。

私が病気で初めて休職したころは
ちょうど公務員の病気休暇や休職の不正が発覚し
制度が大きく変わったころだった。


文面には淡々と今後のお給料と
ボーナス(期末、勤勉手当)の目安が
書かれていた。



まず、私の住んでいる自治体では

病気休職1年目までは80%が支給される。
何の80%かというと、
基本給だけでなく地域手当や教職員調整金など
今までいただいていたお給料の80%である。

ちなみに、半年に一度支給される通勤手当は返納する。

期末勤勉手当は大幅に減額されるがもらえる。
もらえる額はお休みに入った月などにより
大きく変わるため明確には書かないがもらえる。

よく、病気休職だとボーナスがなくなるのではないかと
書き込みを見ることがあるが、
私の自治体では今も確実にもらえる。


こういうことを書くと、
さまざまな方からご批判をいただきそうだが、
今後の生活を考えるとホッとする。

働きたくないわけじゃない。
子どもが嫌いなわけじゃない。
職場がダメなわけじゃない。

でも今のままでよくもない。

私は単に休んでいるわけではない。
お金をもらいながら休んでいる。

自覚すべきでないという人もいるけど
自覚しないといけないと思う。

制度だからいいと言ってくれる人もいるけど
今を繰り返してはいけない。

そう思いながら休んでる。
苦しい、けど現実。

くそみたいな私に
お金をいただきごめんなさい。
お仕事でお返しできるように
しっかり治します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の記事

【嫌い】仮面女子【幼稚園教諭】